設置するための方法

カプセルをお店に導入するための方法は4通りあります。一つは自分で購入する方法です。新品だけではなくて中古のものも売られているため、安く導入することもできます。短期間だけ利用するならばレンタルを利用するという方法もあります。あるいは業者に頼んで設置してもらうこともできます。リースを利用するという方法もあります。これらのうち都合の良いものを選びましょう。

自分で購入する方がオリジナルの商品を入れることができて、売上もすべてお店のものとなるためメリットがあります。ただしデメリットもたくさんあります。商品が売れなければすべて不良在庫となります。初期投資にもお金がかかります。中古の場合はアフターサービスがないため注意しましょう。

レンタルの場合はメンテナンスの費用を負担する必要はありません。サポート体制を用意しているところは多いです。ただしあまり安くないため採算が取れないケースもあります。リースを利用する場合は毎月リース代を支払う必要があります。整備については業者が担当してくれるでしょう。

それぞれの設置方法についてメリットとデメリットをきちんと確認しておきましょう。できるだけリスクの少ない方法を選択するべきです。